未成年がキャッシングの利用ができない理由はなんですか

未成年はキャッシングが利用できないと聞きました。でも、未成年だってお金に困ることはあります。そういうときにちょっとだけお金を借りたいと思います。未成年がキャッシングの利用ができない理由はなんですか?

返済能力がない未成年はキャッシングが利用できません

ご質問者様が聞いた通り、未成年でキャッシングをすることはできません。確かに未成年でもお金は必要になります。少し借りたいと思うこともあると思います。しかしながら、未成年で融資契約を結ぶことは法的に禁止されています。

キャッシング会社はキャッシング対象者は20歳以上の方と定めているところがほとんどです。これは20歳未満、つまり未成年は返済能力がないと判断されているからです。20歳を超えていても学生だと同様の扱いになります。安定した収入がない以上、返済能力がないと判断されても仕方ないのです。

返済能力がないことがキャッシング利用できない理由になりますが、20歳未満でもアルバイトができますよね。アルバイトをして返済ができる収入がないのに利用できないのが腑に落ちないかもしれません。しかしながら、未成年は保護者に守られている存在です。もし仮に未成年が勝手に契約を結んだとしても、法定代理人が契約を解除することができます。そうなると返済はしてくれないし、契約は解除されるし、とキャッシング会社側にとっては踏んだり蹴ったりな状況になってしまいますね。だから、キャッシング会社は20歳未満を対象として扱わないのです。

これで未成年がキャッシング利用できない理由はわかってもらえたと思います。どうしても未成年だと責任が取れる範囲が成人よりも狭くなってしまうのです。

例外として未成年でも成人としてみなされる場合もあります。それが世帯を持った場合、つまり結婚した場合です。結婚すると様々な責任や義務が出てくるので、成人とみなされるわけです。しかし、未成年に変わりはないので、20歳以上と定めているキャッシングやローンが利用しようとするのは厳しいと思います。

未成年でお金が必要な場合はまずは保護者に相談することが一番です。責任も取れないのに勝手に契約を行い迷惑をかけてしまっては、さらに自分が子どもであることを示してしまいます。20歳なんてあっと言う間に過ぎていきます。責任取れる大人になる準備期間として焦らずに過ごしていくことが大切です。

未成年はキャッシングを利用しにくくなった

未成年がキャッシングを利用するのはかなり難しくなっていると言えるでしょう。消費者金融は融資の条件をウェブサイト上で公開していますが、たいていは20才以上となっていますから、利用するのは非常に難しいと考えられます。大手の場合にはたいていは20才以上となっていますから、大手では難しいと考えておきましょう。

中小の消費者金融であれば借りることができる場合もありますが、親権者の同意が必要となることが多いです。親に印鑑を押してもらわなければなりませんから、同意してくれないことには借りることはできません。ですから、やはり難しいと考えておくべきでしょう。クレジットカードを持っているのなら、そのキャッシング枠を利用するというのも良い方法だと言えるでしょう。ショッピング枠とは別に定められていることが多く、これを利用すれば借りることはできます。ただ、この場合でも親権者の同意は必要となるのが基本ですから、家族に内緒で借りると言うことは基本的には無理だと考えておくのが良いです。

ですから、どうしてもお金が必要な場合には親権者に頼んで同意書を書いてもらうというのが良い方法だと言えるでしょう。あるいは、親に頼んですこしお金を借りるというのも良い方法です。成人になればたいていは申し込むことができますから、それまで何とかしのいでいくという方法を考えるのが妥当な考え方だと考えられます。希に、貸し付けてくれるような金融会社もありますが、これには注意が必要です。

未成年でもOKなどというように広告に書かれていることもありますが、その中には闇金が潜んでいる可能性もあります。闇金とは違法な貸し付けを行う業者のことを指します。知らずに借りてしまうと法外な利息を支払わなければならなくなることもありますし、最終的には裁判をしなければならなくなることもあります。このような事がありますから、安易に借りないようにすることも必要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【ローン同時申込のメリット】知ってて得するカードローンの特徴 All Rights Reserved.