カードローンの債務整理をするタイミングは

キャッシングベスト3

カードローンの債務整理をしたいがどのタイミングで行うべきか

カードローンで多額の借金があります。なんとか返済を行っているのですが、厳しい状況です。そのため、債務整理を行ったほうがいいのかと考えています。ですが、いまいち踏ん切りがつきません。

カードローンの債務整理はどのタイミングで行うべきでしょうか?

苦しいと思ったときがタイミングです

債務整理には自己破産・個人再生・任意整理・特定調停があります。まだ返済ができている状況なので、一番負担の少ない任意整理をお考えでしょうか。

自己破産や個人再生だと裁判所を通すため官報に載ってしまい周囲にも知られてしまいます。また、自己破産は返済が出来ない状況であることを裁判所に認められないといけないのでご質問者様には当てはまりません。その中でも任意整理ならば、弁護士や司法書士を間に挟むことになりますが、メリットは他に比べると多くあります。

債務整理のタイミングは返済が苦しいと思ったそのときです。ご質問者様は返済がまだできているようですが、苦しい状況ならば充分債務整理のタイミングと思います。

さらに、もし今後まったく返済できなくなってしまってから行うよりも、まだ返済できる余地があるときに債務整理を行うことをオススメします。なぜなら、自己破産以外はを行ったとしても数年に亘り借金の返済に努めていかなければいけないからです。

その代わり、取り立てがなく、将来の利息がカットされたり、借金の減額が行われたりするので、現状よりも返済に余裕が出てきます。

こうのように返済が全くなくなることは自己破産以外ではないので、それに合わせてまだ余裕があるが、現状苦しくて、これから先返済が行えなくなる可能性がある今が債務整理を行うタイミングと考えられます。

弁護士や司法書士の事務所では、こうした債務整理について無料で相談にのっているところもあります。依頼を行えば金銭がかかりますが、相談だけでは無料のところが多いので、まずはプロに相談してみるといいでしょう。依頼料は事務所によって様々なので、支払いも合わせて相談してみましょう。

カードの使いすぎで返済できなくなったときの債務整理

カードを使うとお金がないときにもショッピングができますから便利なのですが、その後は支払いをしていかなければなりません。支払いが苦しいからと言って分割払いやリボ払いを活用していくのも良いですが、それが積み重なってくるとやはり返済が苦しくなってくることもあるでしょう。また、最近ではカードにキャッシング機能が付属していることが多く、これを使えば現金を借りることができます。借りれば返済をしていかなければならないのですが、気軽に借りることができるために無計画に借りて返済ができなくなることもあります。

このような借り入れが積もり重なって、月々に発生する利息の金額が可処分所得を上回ると、もはや返済はできなくなります。返済ができなくなったときには債務整理をするしかないでしょう。債務整理と言ってもいくつかの種類があります。自己破産はもっとも有名ですが、これは最終手段です。債務を全て帳消しにしてくれるのですが、その代わりにほとんどの資産を失うことになります。資産価値のあるものは全て売却して債務を帳消しにする制度で、法的な強制力があります。

法的な強制力のあるものとしては、民事再生もあります。個人民事再生と言われることもあるのですが、これは住宅ローンを返済している人のための債務整理です。住宅を失わずに他の債務を整理することができますから、住宅ローンを返済中の人にとってはメリットが大きいと言えるでしょう。

法的な強制力のないものとして任意整理があります。これは金融機関と話し合うことによって行う債務整理です。自己破産をすると、金融機関は1円ももらえない可能性もあります。それよりも相談に応じたほうが良いと判断する事もあり、その場合には利息をカットしてくれたり債務を圧縮してくれたりします。このように、債務整理にはいくつかの種類がありますから、それぞれのケースに適したものを選ぶのが良いです。分からなければ法律の専門家に相談するのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【ローン同時申込のメリット】知ってて得するカードローンの特徴 All Rights Reserved.